プリン体を多く含む食品の摂取は控えましょう!

プリン体を多く含む食品の摂取は控えましょう!

肉類や魚類の内臓に多く含まれるプリン体は、身体の中で尿酸に変化し、尿酸は尿中に排泄されますが、身体の中の尿酸が増えると血液中に蓄積されることが多くなります。

 

出来るだけプリン体の多く含有する食品は摂らないようにすることが大事です。
また、プリン体は水に溶けるので、肉や魚から取ったスープなどにも注意が必要です。

 

プリン体の多い食品

 

プリン体極めて多い(300mg〜) 鶏レバー、マイワシ干物、イサキ白子、あんこう肝酒蒸し
プリン体多い(200〜300mg) 豚レバー、牛レバー、カツオ、マイワシ、大正エビ、マアジ干物、さんま干物
プリン体少ない(50mg〜100mg) ウナギ、ワカサギ、豚ロース、豚バラ、牛肩ロース、牛タン、マトン、ボンレスハム、プレスハム、ベーコン、ツミレ、ほうれん草、カリフラワー
プリン体極めて少ない(〜50mg) コンビーフ、魚肉ソーセージ、かまぼこ、焼きちくわ、さつま揚げ、カズノコ、スジコ、ウインナソーセージ、豆腐、牛乳、チーズ、バター、鶏卵、とうもろこし、ジャガイモ、さつまいも、米飯、パン、うどん、そば、果物、キャベツ、トマト、にんじん、大根、白菜、海藻類