痛風は一生涯治療を続ける必要があるの?

痛風とは一生涯の治療とお付き合い?

痛風の原因である高尿酸血症は、その7割〜8割が体質的な影響がありますから、この体質がそう簡単に改善される訳にはいきませんから、原則1章害の付き合いと治療が必要かと思われます。

 

しかし、痛風の患者は30歳〜60歳頃の年代が多く、70歳を超えると少なくなります。
このことは、尿酸生産量が20歳〜40歳の頃が多く、その後現象する傾向にあります。

 

60歳を過ぎると、尿酸生産量が減少し、高尿酸血症の頻度が減少することが報告されています。
また、高齢になると免疫機能の低下により、痛風発作自体も起こし難くなることも知られています。

 

 

結論を言えば、痛風は一生涯治療が必要な病気ですが、高齢になると高尿酸血症が改善されたり、痛風発作が起こすことが少なくなるため、痛風の治療を中止するこもありえます。

 

でも、30歳代や40歳代の患者にとっては先の長い治療が必要となります。