痛風は食事療法と生活習慣の見直しでは治らないの?

痛風は食事療法など生活習慣の改善で治らないの?

痛風の原因であると言われている、高尿酸血症は、食事や飲酒などの生活習慣による影響が2〜3割、尿中尿酸排泄低下や尿酸産生過剰等の個人的体質的な影響が、残り7〜8割を占めています。

 

このために禁酒を行ったり、かなりシビアに食事制限を行っても、血清尿酸値の下降はたかが、1mg/dl前後程度となります。
一度でも痛風の発作を起こしている患者の場合は、関節内に既に尿酸塩結晶が溜まっているため、この尿酸塩結晶を分解、溶解するためには、血清尿酸値を、6mg/dl以下にコントロールすることが望ましいため、食事療法のみでこの値をクリアーするためにはかなり困難だと思われます。

 

 

一方、痛風発作を起こしていない高尿酸血症の場合は、血清尿酸値が7mg/dl台であれば食事療法で十分ですし、8mg/dl台でも食事療法だけでも痛風の発作は、十分コントロール可能だと思われます。

 

ただし、血清尿酸値が9mg/dlを超えている場合は、痛風発作の有無にかかわらず、薬物療法が望ましいと思われます。

 

結論を言えば、痛風発作を起こしたことのある患者では、薬物療法が中心となり、痛風発作を起こしたことがない高尿酸血症の患者では食事療法が中心となります。

 

ですから、薬による治療をお望みでない方は、痛風の発作を起こす前に早めに医療機関に受診し、栄養管理士さんから食事指導を受けることをお勧めします。