痛風の合併症とは?

痛風症患者の合併症とは?

痛風とは、尿酸が身体の中に溜まり、結晶を作ることにより痛みを伴う障害が起きる病気です。
結晶が出来ることにより関節炎が起き、関節の周りや皮膚の下に結節が出来、また腎臓に溜まった結晶により、腎臓が悪くなり尿路結石が起きます。

 

ですから、痛風における痛風結節、慢性腎臓病、尿路結石などは、痛風の合併症といえます。
尿酸の結晶から起きる痛風発作と同じ原因によるため、痛風という病気そのものの障害なので、合併症に分類されないこともあります。

 

 

尿酸の結晶が原因とは言えない合併症もありますが、心血管障害、脳血管障害は痛風に起きやすい合併症です。
もちろん、痛風ではない人にもこれらの病気は起きますが、、今までの研究によりますと、痛風の患者ほど、尿酸値が高い人ほど起きやすいことが分かっています。

 

これらの病気は、尿酸と直接関係があるのか、関節的な関係にすぎないのかはまだ分かってはいません。

 

更には、肥満の人や高血圧の人、高脂血症の人も、痛風患者や尿酸値が高い人に多いってことも分かっています。
尿路結石や慢性腎臓病なども、直接尿酸が関係していないこともあり、その場合は痛風患者や尿酸が高い人に多いことも分かっています。

 

痛風や尿酸が高い人に肥満、高血圧、高脂血症、心血管障害、脳血管障害、尿路結石、慢性腎臓病が多いことも分かっています。
これらは全て痛風の合併症と言われ、これらの合併症が痛風や高尿酸血症と直接関係しているのか、関節的な関係なのかの最終的結論は今後の研究次第で判明すると思われます。