痛風ってなぜ男性に多いの?

痛風ってなぜ男性に多いの?

痛風は圧倒的に男性に多い病気だといわれています。
1992年の東京女子医大の調査では、男性が98.5%、女性は1.5%で、男女比のハッキリした病気は他にはないのですが、理由もハッキリとしているのです。

 

痛風の原因である、尿酸の血液中の尿酸値が、女性に比べて男性ては非常に高いのです。
このことは、腎臓からの尿酸の排泄を促す働きが女性ホルモンにあるからですが、女性の閉経後は女性ホルモンの分泌が減るため尿酸値が少し上昇します。

 

腎臓から尿酸を出し入れするタンパク質の作用に女性ホルモンが影響していると言われています。
従いまして、女性でも女性ホルモンが低下する閉経後の50歳を超えると、男女の尿酸値の差は小さくなります。

 

 

 

痛風の発作は、血液中の尿酸値が7.0mg/dlを超える状態が数年間続かないと起こりません。
この7.0mg/dlになるのに平均的な男性で、尿酸値が1.5mg/dl上昇すると到達するのです。

 

しかし、女性の場合ですと、3.0mg/dl上昇しないと到達出来ないので、女性はなかなか高尿酸血症にならないので、痛風にもなりにくいと言われています。
女性だから絶対に痛風にはならないとは言えず、遺伝的な要素や、薬物の影響、その他特殊な状態でも女性が痛風になることもあります。